テーマ:米軍基地

オスプレイ部品落下で飛行停止を申し入れる

オスプレイが部品を落下させたと防衛省が発表したことに関して住民投票を力にする会の松田代表、藤本事務局長らが緊急に岩国市に対して、飛行中止などを求めるよう申し入れました。応対した桑原基地政策担当部長は、きょう午後口頭で岩国防衛事務所へ原因究明などを申し入れるとしました。また桑原部長は「飛行停止は求めない」としたので、松田氏らは飛行艇荷を申…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリアー墜落、飛行停止求めよと岩国市に申し入れ

住民投票を力にする会の松田一志代表、藤本事務局長らは16日岩国市に対して、AV-8Bハリアー戦闘機の相次ぐアメリカ本国での墜落事故に対して、口頭申し入れだけでなく文書で申し入れ、原因解明と安全対策が取られるまで岩国基地配備の同型機の飛行停止を求めることを申し入れました。応対した桑原基地政策担当部長は市長に伝えるとしました。代表団から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岸外務副大臣のKC-130先行移転通告に抗議

今日27日午後4時前岸外務副大臣などが福田岩国市長へ、普天間基地のKC-130空中給油機の先行移転受け入れに感謝し、7月から岩国基地へ順次15機を移転させることを伝えにやってきました。艦載機の岩国移転に反対すし愛宕山への米軍住宅建設反対する市民団体のメンバー30人余の人々が市役所前の広場で抗議の声をあげました。KC-130空中給油機はS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大飯原発稼働差し止め、厚木騒音自衛隊機夜間飛行差し止め

福井地裁で大飯原発の再稼働差し止め判決、横浜地裁で初の自衛隊機の夜間飛行差し止め判決が相次いで出されました。どちらも画期的なことです。とりわけ岩国爆音訴訟にとっても有利な判決となるものです。米軍機の飛行差し止めは残念ながら認めらなかったものの、自衛隊機より米軍機がもうるさいことははっきりしているので「画期的判決」と弁護団が評価したことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛宕山造成工事に関する質問状への回答について改めて申し入れ

愛宕山市民連絡協議会は5月12日岩国市、山口県、中・四防にたいして先に「愛宕山造成工事に関する説明会」への質問状の回答に対して、改めて回答のない問題、あいまいな問題を指摘し申し入れを行います。 岩国市への申し入れは午前十時から5階会議室で行いました。申し入れには岡村代表のほか天野事務局長、力にする会からは松田代表、藤本事務局長。議会か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛宕山造成工事に関する防衛局の回答受取に広島へ

4月23日、25日、27日の三日間愛宕山への米軍住宅建設用地造成工事の説明会が中四防主催で開かれました。この説明会開催に当たって愛宕山連絡会は28項目の質問状を中四防、山口県、岩国市の三者へ提出しました。23日の説明会冒頭に口頭で報告しようとして説明会が大混乱し改めて文書で回答すると約束していました。この文書回答が2日にあり愛宕山を守る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛宕山要地における敷地造成工事に伴う説明会への質問状を提出

愛宕山を守る市民連絡会議は4月14日緊急に連絡会議を開催し、4月23日、25日、27日に牛野谷供用会館など3か所で防衛省が行う「説明会」への対応を協議しました。今日16日28項目の質問を中国四国防衛局、山口県、岩国市へ申し入れ書を提出しました。申し入れ書全文か下記に岩国市への申し入れに先立って市役所記者クラブで記者発表を行いました。岡村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年基地騒音過去最多

1月30日付日刊いわくにが昨年一年間の基地関連騒音について「過去最多2470件」と報道しました。岩国市によると「その他」の苦情が例年に比べ大幅に増えているそうだ。その中で反米・反基地と分類されているのが166件に及ぶそうである。前年は23件であったそうで基地への反発が増えていることは間違いないであろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の赤旗より、名護500億円基金は石破幹事長の思い付き、菅官房長官措置否定

今日の赤旗によると名護市長選挙に応援に入った自民党の石破幹事長が500億円の基金を作って名護市を支援していくと述べた問題で、菅官房長官が措置を否定するとか、稲嶺候補の対立候補の末松氏らが右往左往している様子が報道されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金で名護をダメにする石破自民幹事長

今日の中国新聞に自民党の石破幹事長が、名護市に選挙応援に行って、名護市の地域振興へ500億円の基金を立ち上げるといったそうである。名護は沖縄北部振興策1千億円プロジェクトに振り回され苦い経験の中から辺野古埋め立て反対に立ち上がった経緯があるのを知らないのでしょうか。まともに正面から県民市民の声を聴かないでひたすらアメリカ言いなりになり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基地沖合埋立訴訟広島高裁判決

岩国基地沖合移設埋め立て取り消し訴訟の控訴審判決言い渡しが13日広島高裁でありました。原告の一人として参加しました。判決は①原判決を取り消す②控訴人の訴えを却下する③訴訟費用は原告の負担とする。という言い渡しでした。①の山口地裁の判決を取り消すということは大きな成果です。山口地裁判決は「公有水面の埋め立て法は『原状回復義務』を課していな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米軍祖生無線通信所

小雨降る中、KCー130岩国早期移転問題とともに「整備して再使用」すると通告された祖生の高照寺山にある「米軍通信所」に行ってみました。この通信所は現在は使用されていないようですが、20年ぐらい前に共産党市議団が返還を求めていた一部です。当時、日本列島を北から南まで「中継する」米軍の通信網があり、その一環を担っていたようです。当時の議事録…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岸防衛副大臣来岩ーKC-130空中給油機早期岩国移転要求

10月30日岸信夫防衛副大臣、木原稔防衛政務官らが岩国市にやってきて先の「2+2」で決めたKC-130などの岩国移転を通告しました。応対した福田市長は「普天間の全面返還にかかわる諸条件が整う前の先行移転は認められない」との基本姿勢は「現在のところ」変わりないが、沖縄に11月中旬に行って、市議会とも相談して適切に対応したい。と事実上早期受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和大会受け入れ案内ガイドフイルドワーク

平和大会現地実行委員会では11月15日と16日に行われる基地調査行動の案内人の学習と現地視察を行いました。一様に5000億円~6000億円かけた基地の大拡張の実態に驚愕していました。基地沖アクセスロード入口門前側土手・ペイリースクール対岸愛宕山米軍家族住宅(スポーツ施設)建設予定地付近
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第25回岩国爆音訴訟公判です。

今日はあいにくの雨ですが、朝11時から岩国爆音訴訟第24回公判が開かれています。今お昼休みです。午前中は岩国の歴史特に基地をめぐる成立ちと沖合移設の果たした基地強化の実態について証人尋問が有りました。証人にたったのは宮田伊津美元岩国徴古館館長です。 午後からは湯浅一郎ピースデボ代表です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KC-130先行移駐反対で申し入れ

住民投票を力にする会の松田一志代表らは日米安全保障会議「2+2」でKC-13空中給油機を早く移駐するとした件で18日岩国市に対し申し入れを行いました。①KC-130空中給油機の先行移駐には反対をを貫くこと②オスプレイの常駐化には反対すること等です。岩国市側からは桑原基地担当部長が応対し先行移駐反対の態度は変わらない。常駐は認められないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスプレイを使った日米共同訓練、滋賀県市街地上空を飛行

饗庭野へ飛び立つオスプレイ(戸村氏撮影) 16日沖縄の負担軽減を!と言う名目で訓練すれば国民の理解を得やすいとの判断から、オスプレイの日米共同訓練を言う形で陸上自衛隊、滋賀県の饗庭野演習場を使って「マスコミ」を使って大宣伝を行いました。沖縄の人は「負担軽減を言うなら撤去こそ必要」を琉球新報の社説で言っています。危険なオスプレイは撤去し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑原元岩国市議会議長らが普天間岩国で引き受けてもよいと沖縄自民党県議らへ

沖縄タイムス10月5日付記事によると、沖縄県議会自民党の照屋守之幹事長ら3氏が隠密裏の出張で岩国にやってきて、武田議長、桑原元議長らと酒の飲みながら「熱弁」をふるい桑原元議長は「普天間がもし辺野古へ移設されるとしても時間がかかるでしょう。その間、国がちゃんと地域振興をしてくれるなら、暫定的に岩国で引き受ける覚悟もあります」といったそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩国市議会一般質問傍聴中です

今重岡議員の質問に当局の答弁中です。基地関連質問としては、市長と防衛省の交渉の在り方について質問しました。答弁では岩国市だけの単独交渉だけでなく、周辺町とも連携する事を答弁。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民局と岩国市への申し入れ

8月30日に岩国市内五団体(瀬戸内ネット、愛宕山を守る会、爆音訴訟の会、活かす会、力にする会)で岩国市長にオスプレイに関して申し入れを行いました。この申し入れに「県民局の職員」が主催者に無断で傍聴と称して入り込んでいたことに抗議を行うとともに、改めて岩国市への申し入れと同じ趣旨の申し入れを行いました。西生公一県民局長は無断で傍聴したこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米ネバダでのオスプレイ墜落事故に関して岩国市へ申し入れ

岩国市の5つの基地関連住民団体は共同して、アメリカ本国でオスプレイが墜落した事件に関して岩国市へ申し入れを行いました。代表団21名は原因究明を求めるとともに、原因解明まで飛行の中止をアメリカ側に求めるよう要請しました。(申し入れ書別紙)応対した桑原基地担当部長は飛行中止を求める考えはないと回答し、これに対して代表団からは激しい怒りの声が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周南市上空をオスプレイが飛行か?

8月3日にオスプレイが周南市上空を飛行したとの情報があります。もし事実なら市街地上空を飛行しないとの日米合意に反します。写真を撮っておられる方はありませんでしょうか。情報をお寄せください。岩国基地を14時30分ごろ離陸ですから周南市上空は14時40分前後と思われます。(拡散)写真は3日沖縄へ向けて発進するオスプレイ2機戸村氏撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスプレイ沖縄へ行かれない、別のヘリ墜落

5日オスプレイは一機が17:4分ごろ駐機場から出てきて5分程度のホバーリングを行い東の空へ飛び立ちましたが、約20分後には戻ってきて駐機場のほうへ入りました。少し前に沖縄キャンプハンセン基地で米軍ヘリが墜落し山火事が起きているとの報道がなされました。これと関係があるかもしれませんね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more