二井前山口県知事が天下りで高給ー山口民報が報道

画像
前山口県知事の二井氏が県立美術館と浦上記念館館長を兼任し月給60万円も取っていることを藤本県議(宇部)が本会議で追及しました。週三日の勤務で60万円の月給とはこれいかに、専門知識の必要なこうした職務に当て職的に就任させるということはほかの適任の方の職務を権力で奪い取るようなもので許せません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

匿名
2016年05月31日 10:10
県美術館では毎年プロ、アマ問あずの全国からの参加者が出展し競います。以前有名な作家が審査委員に対し見ただけで何を使った作品かわかりますかと声が上がった。最近では絵の具の種類に
匿名
2016年05月31日 10:20
誤作動でコメントが2つになりすみません。最近では絵の具の種類にこだわらない技法も多いです。例えば水彩絵の具とアクリル絵の具など また複数を混ぜた作品もあります。果たして元知事にそこまで解るかと言えばわからないでしょう。 焼き物も同じです。見ただけで土や技法が解るのか、審査には全く関わらないで欲しいが裏ではどうなっているかはわからない。出展者の中にも?

この記事へのトラックバック