共産党岩国・藤本博司

アクセスカウンタ

zoom RSS 基地沖合埋立訴訟広島高裁判決

<<   作成日時 : 2013/11/13 23:05   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
岩国基地沖合移設埋め立て取り消し訴訟の控訴審判決言い渡しが13日広島高裁でありました。原告の一人として参加しました。判決は@原判決を取り消すA控訴人の訴えを却下するB訴訟費用は原告の負担とする。という言い渡しでした。@の山口地裁の判決を取り消すということは大きな成果です。山口地裁判決は「公有水面の埋め立て法は『原状回復義務』を課していない。元に戻せないのであるから訴えの利益がないから却下するといういわば門前払いの判決であった。広島高裁の判決は「原状回復の義務がないからというので却下というのはおかしい。原判決は誤りですよという高裁の判決です。これは勝訴ともいえる(私の思い)ものではないかと思います。Aの控訴人の訴えを棄却する理由は「出訴期間」を過ぎているのでという理由です。今回、住民の騒音、墜落の危険を回避するために「沖合埋立」したのに、埋め立てたことによって艦載機が厚木から移転してきて騒音の増大が予想されるが、それは埋め立てとは直接関係がなく「艦載機」が移設してくれば騒音が増大するということである。……判決文がまだ手元にないので正確ではないが大変面白い判決のようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
基地沖合埋立訴訟広島高裁判決 共産党岩国・藤本博司/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる