オスプレイを積載した貨物船がハワイを出港と報道

日本の多くのメデアがハワイ出港を取り上げています。今夜の古館氏のニュースステーションでもかなり長く取り上げられ、森本防衛大臣が来た時に抗議行動を行ったとこの映像も2秒ぐらい流されました。明日二井知事、福田市長らが外務省、防衛省を訪問し「安全性が確かめられないうちに岩国基地へのMV-22の先行搬入に反対」の申し入れを行うとされている。この件に関し連合山口が16日(祝)午前10時半から一時間抗議集会を開催するそうだ。福田市長、平岡衆院議員も出席するとのこと。オール岩国、オール山口県でオスプレイの搬入を食い止めるため頑張りましょう。

この記事へのコメント

2012年07月11日 21:05
米軍・自衛隊が市内にいる限り岩国市民は真っ先に犠牲になる
http://8254.teacup.com/iwakuni08/bbs
とうとう集団自衛権などと気が狂ったようなことを言い始めた。
岩国市民を真っ先に核ミサイルや爆弾の犠牲にすると米軍と自衛隊は決定したのだ。
岩国市民の命の犠牲は止むを得ないと決めたのである。
オスプレイの搬入・市内での組み立て、飛行訓練などまさに岩国市民の命などまったく顧みないということである。
軍隊と基地と殺戮兵器が岩国市内あるということは間違いなくそういうことなのだ。
防衛大臣森本敏のデタラメ国会答弁ははっきりそう言っている。
「市内の繁華街で米軍や自衛隊に出会うと、家族を殺されて泣き叫ぶ中東やベトナムの人を想像してしまう。今はオスプレイと聞くだけで身震いがする。」
と多くの岩国市民は言う。
今まで、岩国市民はすべて後手後手に廻っていた、
騙され、事件を起こされ、取り返しがつかなくなって、その時になって抗議をして来た、
米軍・自衛隊、岩国基地の全て、これを岩国市内から一掃しないと、もうまともな生活は出来ない。
毎日をごく当たり前の平穏な気持ちで過ごせない。
基地がある限り当たり前の人生が送れないのだ。
市民一人ひとりがあらゆる柵(しがらみ)を越えて米軍・自衛隊、岩国基地の全てを岩国市内から一掃するたたかいを始めよう。
それしか岩国に本当の未来はない。

この記事へのトラックバック