共産党岩国・藤本博司

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイ予定通り岩国搬入ー米国防省

<<   作成日時 : 2012/06/25 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

今日の中国新聞によると米国防省は予定通り7月下旬にオスプレイを岩国に搬入し、8月に沖縄普天間基地に配備すると改めて明らかにしたそうです。岩国市も山口県もオスプレイの岩国搬入・訓練を拒否しています。それでも米国と日本政府は、岩国搬入・組立・試験飛行を強行するのでしょうか。沖縄も「オール沖縄」で配備反対を明確にしています。岩国でも沖縄でも仮に強行するようなことになれば、岩国の場合艦載機受け入れ容認を撤回することのなりかねません。しかも、保守系の市議も含めて「反対意見書」を22日の議会で可決したばかりです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
岩国市民がオスプレイの搬入を絶対に許さない主な理由。
http://www.youtube.com/watch?v=rDJUcXSq1CM
1・岩国がオスプレイの搬入・組み立て・訓練をなし崩しに許せば、普天間に配備・訓練受け入れの承認圧力がかけられ沖縄が受け入れざるをえない状況が作られる。マスコミを動かして「本土責任論」を恣意的に利用する政府・防衛省の悪辣さが際立つ。本州全土で自衛隊・米軍が今以上のデタラメを始める。田村市議の基地祭締め出しを手伝ったり市長選挙に介入したりの中四国防衛局の悪質さも倍加するだろう。
2・オスプレイは中東で多くの市民虐殺の冷酷な軍事作戦に関わった。血の臭いをまき散らす極悪兵器である。
市民が誇る観光都市岩国でオスプレイの名前すら言わせてはならない。
3・オスプレイはこれからも100%墜落事故を起こす。アメリカの専門家すら墜ちると言っているのだ。
4・岩国がオスプレイを受け入れれば、いま急激な速さで進行している日本経済の岩国化(基地経済化)が確立してしまう。自衛隊と日米財界との醜悪な軍産複合体制が今以上に平和経済の殲滅に拍車をかけ、その税金収奪構造を推進するために、今度は職や自由を奪われた若者が国家間憎悪を煽るために動員されている。
今や、岩国・瀬戸内に展開する大企業の多くが内部に軍事部門を抱える構造になってしまった、結果、自治、議会、市政は歪められ正常な機能が破壊されてしまった。
軍と財界の抱合構造が最も敵視するのは言うまでもなく市民中心の民主主義である。1・29岩国市長選挙の異様さは醜悪な軍産複合体制がこの地方都市にまで浸透している証明であった。
http://8254.teacup.com/iwakuni08/bbs
,
2012/06/26 13:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスプレイ予定通り岩国搬入ー米国防省 共産党岩国・藤本博司/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる